セミナー・研修等

  • 2019/4/11日
    • 2019/4/11日 大阪建設交流会館で、公益社団法人日本地すべり学会関西支部シンポジウムがあり、参加しました。
      ・日本技術士会中国本部の古川氏から、平成30年度西日本豪雨災害時の、被災者支援活動について報告がありました(セミナー・研修等)
  • 2018/11/10日
    • 2018/11/10日 大阪弁護士会で、災害復興支援及び将来の災害の備えとして復興法制度に関する現在の課題・将来の是正すべき手続き等の講演会があり参加しました。(セミナー・研修等)
  • 2018/11/6~7日
    • 2018/11/6~7日 兵庫県公館で、全国災害対策     のシンポジウムがあり参加しました。(セミナー・研修等)
  • 2018/11/5日
    • 2018/11/5日 大阪歴史博物間で、災害情報伝達に関するセミナー」-地域の特性・実情に最適な災害情報伝達手段の整備に向けての講演会があり参加しました。(セミナー・研修等)11/5日 大阪歴史博物館で、災害情報伝達に関するセミナーがあり、参加しました
      (1)講演
      講演1 演題:「行政目線から住民目線へ」
      講師:近畿地方整備局副局長(前内閣府大臣官房審議官(防災担当)) 伊丹 潔氏
      講演2 演題:「災害情報伝達のいまとこれから」
      講師:東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター特任助教 宇田川 真之氏
      講演3 演題:「災害への備えと被災地の支援で大事なこと」
      講師:神戸大学名誉教授、兵庫県立大学大学院教授 室﨑 益輝氏
      ※講演3は、パネルディスカッションの基調プレゼンテーションとしてご講演をいただきます。
      (2) 事例紹介
      内容は
      事例1 テレビ画面への強制表示を通じた避難誘導(朝日放送テレビの取り組み)
      (株式会社エービーシー・リブラ制作部専任マネジャー 木戸 崇之氏)
      事例2 「通信インフラ復旧支援マニュアル」を通じた官民連携等
      (和歌山県企画部企画政策局情報政策課長 天野 宏氏)
      事例3 防災行政無線の音声の改善
      (日本音響学会「災害等非常時屋外拡声システムのあり方に関する技術調査研究委員会」委員 栗栖 清浩氏)
      事例4 津波被害に備える地域・メディア連携
      (NHK和歌山放送局長 仲山 友章氏)
      事例5 エリアやグループを限定したスマートフォンへの一斉配信
      (兵庫県加古川市危機管理室防災情報担当 小山 良輝氏)
      事例6 聴覚障がい者へのV-Lowマルチメディア放送やLPWAを使った情報伝達
      (東京マルチメディア放送株式会社営業本部副本部長 藤井 大輔氏)
      事例7 外国人への災害情報提供
      (NPO法人多言語センターFACIL理事長、名古屋外国語大学教授 吉富 志津代氏)
      (3) パネルディスカッション(テーマ 「災害情報が“伝わる”状況の作り方」)
      コーディネーター:東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター特任助教 宇田川 真之氏
      パネリスト:神戸大学名誉教授、兵庫県立大学大学院教授 室﨑 益輝氏
         近畿地方整備局副局長 伊丹 潔氏
         神戸市危機管理室長 鍵本 敦氏
         加古川市危機管理室防災情報担当 小山 良輝氏
         NHK和歌山放送局長 仲山 友章氏
         ヤフー株式会社災害サービス担当 竹本 大輔氏
         株式会社フューチャーリンクネットワーク取締役 岡田 亮介氏
  • 2017/9/13日
    • 2017/9/13日 大阪弁護士会で、災害時における建物各種損壊判定の実務の講演会があり参加しました。
      画像の説明画像の説明
  • 2014/11/18日
    • 兵庫県が行っている家屋被災認定士制度の認定士の養成講座に参加し、認定士之証をいただきました。
      画像の説明
  • 2011/8/3日
    • 応急手当普及員 インストラクタ研修
      8/3~8/5日、伊丹市消防局で講習を受け、認定書を受けました。
      認定書です
      画像の説明